地球で遊ぼう!バックパッカー向け旅情報ブログ

ブラジルビザを海外で取得【eビザ最新情報あり】南米パラグアイ エンカルナシオン編

T
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
T
荷物多い系沈没型バックパッカー。これまでに訪れた国は20カ国。美しいものと自然が好きです。
詳しいプロフィールはこちら

イグアスの滝、アマゾン、リオのカーニバル、レンソイス・・・

見所いっぱいのブラジル。

そしてまた、南米で唯一ビザが必要な国であり、ビザ取得の困難さでも有名な国でもあります。

そんなブラジルを、海外を長期で旅行するバックパッカーが旅の途中で訪れる場合、どこでビザを取るかが重要になってきますよね。

日本で取得することもできるけど、

  • 郵送での申請、受け取りは不可 → 領事館(東京、浜松、名古屋のいずれか)まで出向く必要あり
  • 発給まで3業務日(観光ビザの場合)
  • 往復航空券の予約確認書、または、ブラジルへの出入国日・地点や移動手段が明記された誓約書が必要(観光ビザの場合)

といった制約があります。

領事館が近くにない場合、とても不便な上、気の向くまま旅をしたいバックパッカーには不向きです。

なので、長期で旅をするバックパッカーには、海外で取得するのがおすすめ!

そして、南米を周遊する旅人の間で比較的有名なのは、

  • プエルトイグアス(アルゼンチン)
  • アスンシオン(パラグアイ)
  • エンカルナシオン(パラグアイ)

の3箇所。

そして私は、エンカルナシオンで取得しました。

この記事では、エンカルナシオンでのブラジルビザ取得方法について説明します。

【ビザ取得時期:2017年7月】

重要!
一番最後に、最新情報があります。

領事館に出向かず、オンラインでビザ申請・受理ができる、eビザの発給が開始されたというものです。

この情報を知りたい方は、目次『7 【2018年1月最新情報】バックパッカー必見!オンラインでビザが取得できる、電子査証システム(e-Visa)が開始!』をクリックしてください。

また、2018年1月現在、ビザを取得してから90日以内にブラジルに入国しないと、ビザが失行するというルールは撤廃されています。e-Visaも同じです。

海外でのブラジルビザ取得に、パラグアイのエンカルナシオンがおすすめな理由

めっちゃ楽にビザが取得できる

プエルトイグアス、アスンシオン、エンカルナシオンの3カ所を比較した表がこちら。

私調べです。最新情報は、各自ご確認ください。

プエルトイグアス

(アルゼンチン)

アスンシオン

(パラグアイ)

エンカルナシオン

(パラグアイ)

銀行の残高証明書 必要 必要 不要
書類のプリントアウト 必要 必要 不要
発給にかかる日数 翌日 当日 当日
費用 1600ペソ

(10,700円)

520,000グアラニー

(10,920円)

520,000グアラニー

(10,920円)

*2017年7月当時

値段は、どこもほぼ同じ。

ただ、とにかくエンカルナシオンは、一番楽なんだよね。

メリットとしては、

  • 銀行の残高証明書の代わりに、クレジットカードを見せるだけでOK
  • ビザ申請書や、航空券などの書類をプリントアウトする必要なし
  • 即日発行

日本と違って海外では、書類一枚をプリントアウトするのも大変。

面倒くさがりの私には、うってつけだったのです。

観光のついでにビザも取れる

どこでビザを取るか?

これ、ルートを考える上で外せない問題だけど、エンカルナシオンは立地条件もいいんです。

私は、この順番でルートに組み込んだよ!

  1. プエルトイグアスでイグアスの滝(アルゼンチン)
  2. イグアス居住区の日本人宿でまったりしつつ、エンカルナシオンまでビザ取得にお出かけ(パラグアイ)
  3. フォズ・ド・イグアスでイグアスの滝(ブラジル)

地図で説明すると、こんな感じ。

  • A:イグアスの滝(ブラジル側とアルゼンチン側の区別はしてないです)
  • B:イグアス居住区(パラグアイ、日本人宿あり)
  • C:エンカルナシオン(ブラジルビザ取得場所)

イグアス居住区を拠点に、エンカルナシオンでビザを取得することで、

  • イグアスの滝を両サイドからたっぷり観光
  • 日本人宿で癒しの時間
  • ブラジルビザ取得

以上の3つを、もれなく満たすことができるのです!

ビザ取得に必要なもの

パスポート

有効期限が6ヶ月以上残っているもの。

余白ページ2ページ以上。

写真

カラーで、縦7cm×5cm 〜 縦4.5cm×横3.5cm のもの。

背景は白。

データでもOKです。

ブラジルを出国するチケット、または、日本への帰国チケット

この写真は館内の張り紙ですが、領事館の無料Wi-Fiを使って、メール送信可能です。

プリントアウトして、紙で提出する必要はありません。

ちなみに私は、メキシコシティ→羽田の、日本語のチケットだったけど大丈夫でした。

日付が分かって、空港名がローマ字で短縮表記されてたら(例えば羽田なら、HND)大丈夫なんだと思うよ!

銀行の残高証明、または、クレジットカード

ネットバンクのスクショでもOKだけど、旅人ならクレジットカードを絶対持っているはずなので、クレジットカードを見せとけば大丈夫。

これがエンカルナシオンのいいところだしね!

お金

520,000グアラニー(10,920円)。

必ず、グアラニー(現地通貨)で用意しましょう。

両親の生年月日

申請書に個人情報を入力する際、両親の名前と生年月日も入力します

もし、すでに旅に出ていて、両親の誕生日をすぐに思い出せない人は、ブラジルに行くことが決まったら、すぐにでも親に連絡をとりましょう

領事館で申請する時に、「しまった、分からない・・・。」となって連絡しても、日本は地球の裏側。

「返信がない・・・(泣)」なんてことになったら、シャレになりません。笑

イグアス居住区からエンカルナシオンまでのアクセス

A:イグアス居住区(自分が民宿小林に宿泊したので、そこにピンを立ててます)

↓(車で20分、バスも走ってます)

B:国道7号線の30km地点(国道6号線とぶつかる所)

↓(バスで4時間半)

C:エンカルナシオン

順番に説明しますね。

所要時間

私は、日帰りしました。

早朝3:00に民宿小林を出て、帰ってきたのが17:25。

ちょうどこの日、たまたま小林のお母さんがエンカルナシオンに行く用事があり、それに便乗させてもらったのです。

宿から30km地点までの往復は、小林のお父さんに送迎してもらいました。

なので普通に行くと、日帰りはきついかも。。

エンカルナシオンにも宿はあるので、1泊分の荷物を持って行くという手もあります。

  • エンカルナシオンの宿をチェックしてみる → Booking.com

この辺の事情は、民宿小林で収集するといいです。

日本語バッチリ通じるので、聞けば親切に教えてもらえます。

情報ノートもありますよ!

国道7号線の30km地点まで行く

国道7号線を走るバスに乗り、イグアス居住区から30km地点まで行きます。

下の地図の、CDE-Km30のところです。

エンカルナシオン行きのバスに乗る

エンカルナシオン行きバス乗り場は、ガソリンスタンドの前周辺です。

料金50000グアラニー(1,050円)を払って乗車します。

バスターミナルから徒歩で領事館へ

約4時間半で、エンカルナシオンに到着しました。

バスターミナルから領事館(地図の赤ピン)は、歩いて行けます。

ブラジルの国旗が目印の、白い建物です。

門の中に入り、さらにその中にある白い建物に入ります。

ビザ発給の手続き

1.)申請書の入力

設置されているパソコンで、申請書を入力する

最初は、右上の言語設定がポルトガル語(Portugues)になっていますが、

「English」を選ぶと、英語表示にできます。

そして、必要事項を入力していきます。

また館内では、無料Wi-Fiが使えます。

パソコンは1台なので、誰かが使っている場合は、自分のスマホなどから同じブラジルビザ申請サイトに接続して、入力することもできますよ。

入力する上での注意点

  • ホテルか世話人は、空欄でもOK
  • 写真を持参した場合は、職員さんに声を掛ければ、操作方法を教えてくれる

私はこの流れで、申請書のプリントアウトまで、職員さんにやってもらいました。笑

と同時に、申請の受け付けが完了したようで、椅子に座って待つように指示されました。

職員さんはとても親切なので、もし不安ならば、必要なものを準備して、とにかく領事館に行ってみるのがおすすめです。

その場で「Help me!」が言えるので、一人で悩むよりも断然スムーズですよ。

事前に入力しておくこともできる

事前に、上記の申請サイトから入力を済ませておくと、館内で入力する手間を省くことができます。

この場合は、最後に出てくる「APPLICATION NUMBER」を控えておくことを忘れないようにしましょう。

2.)窓口でのやり取り

名前を呼ばれたら、窓口に行き、以下のものを提出します。

  • パスポート
  • 写真
  • ブラジルを出国するチケット、または、日本への帰国チケット:その場で、メール送信できます。
  • 銀行の残高証明、または、クレジットカード
  • お金:520000グアラニー(10,920円)
  • 申請書

そして再度、椅子で待ちます。

3.)ビザの受取

名前を呼ばれたら、窓口でビザを受け取ります。

ちなみに、

  • 写真
  • 紙で提出した飛行機のチケット

は、返却してもらえました。

どれくらい時間がかかったの?

私の場合は、領事館に入ってからビザを受け取るまで、約3時間かかりました。

ただしこの日は、私の前に、5人家族が手続きをしてました。

待ち時間が、だいぶ長かったです。

パソコンでの入力も30分もあれば出来ると思うし、窓口でのやり取りも、10〜15分程度。

空いてたらもっと早く発給されると思います。

エンカルナシオンからイグアス居住区へ

来た道を逆に戻ればOKです!

私は、

  • 12:40頃:エンカルナシオンをバスで出て
  • 17:05:30km地点
  • 17:25:民宿小林

という流れでした。

ちなみに、バスに乗っていると、チーパ売りがやってきます。

「チーパ」とは、パラグアイの郷土料理で、マンジョカの粉で作られたパンです。

こちらは、帰りのバスで食べたもの。4000グアラニー(84円)。

歯ごたえもっちり、チーズのにおいと味がします。

焼きたてのようで、触った瞬間、ほんのりと暖かく、とても美味しかったです。

また食べたいな〜。

このチーパは人気のようで、乗客のほとんどが買っていました。

当たり外れがあるようですが、チーパ売りが乗り込んだ瞬間、地元の人が一斉にお財布を出したら、きっと美味しいチーパです。

そんな場面に出くわしたら、ぜひ買ってみてくださいね。

まとめ

エンカルナシオンは、イグアスの滝を観光しつつ、ブラジルビザを取得するのにうってつけの場所です。

そして、知らず知らずのうちにたまった長旅の疲れを、イグアス居住区で癒し、ブラジルへ向かう英気を養って、旅を再開することができます。

こんな手段もありますよ、ということで、旅の参考にしてもらえたらと思います!

【2018年1月最新情報】バックパッカー必見!オンラインでビザが取得できる、電子査証システム(e-Visa)が開始!

と、ここまで書いてきてアレですが・・・

2018年1月11日から、電子査証システム(e-Visa)というサービスが開始されました。

オンラインでビザを申請し、メールで受理するというものです。

海外からの申請もできます!

従来のビザとeビザの比較

以下の通りです。

従来のビザ e-ビザ
有効期間 3年 2年
滞在期間 90日/1年(マルチプル)  90日/1年(マルチプル)
銀行の残高証明書

または

クレジットカードの提示

 必要  不要
ブラジル出国チケット 必要 不要
発給にかかる日数

3営業日(日本で取得する場合)

即日〜翌日(海外で取得する場合)

5営業日

査証料

 10,400円

(日本で取得する場合)

40ドル+手数料4.24ドル

(4,910円)

*レートは2018年1月現在のもので換算

  • 領事館に出向く必要なし!
  • 銀行の残高証明書・ブラジル出国チケット不要!
  • 従来のビザの約半額!安い!!

もう、メリットだらけです。

有効期間は短いけれど、観光するだけなら、eビザで十分ではないでしょうか??

ちなみに支払いは、クレジットカード払いです。

詳しくは、ブラジルeビザの申請から確認できます。

「申請の準備」に、必要なものや、写真の条件などが細かく記載されています。

申請方法

最終的には、こちらのビザ申請フォームから入力していくことになります。

言語を「日本語」にして、登録をクリック。

すると、このような画面になります。

  • メールID:自分のメールアドレス(ここにビザが送られてくる)
  • パスワード:自分で分かるものを設定

を登録し、個人情報を入力していきます。

バックパッカーにとっては、嬉しい限り。

思い切りブラジルが楽しめちゃいますね!

それでは、良い旅を!!

ブラジルは、治安が悪いことでも有名です。

安全に旅をするためには、こちらの記事が参考になります^^

>>ブラジル女一人旅は危険?治安の悪さの傾向と対策

この記事を書いている人 - WRITER -
T
荷物多い系沈没型バックパッカー。これまでに訪れた国は20カ国。美しいものと自然が好きです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 行って、見て、感じて。 , 2018 All Rights Reserved.