地球で遊ぼう!バックパッカー向け旅情報ブログ

クスコのおすすめレストラン。ペルー料理から日本食まで5店をドドンと紹介!

T
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
T
荷物多い系沈没型バックパッカー。これまでに訪れた国は20カ国。美しいものと自然が好きです。

マチュピチュに行くために訪れたはずが、1ヶ月近く滞在してしまったクスコ。

いつもならご当地グルメを満喫する私ですが、風邪をひいてしまったり、標高3,000mを超えるだけあって、意外に食欲がわきませんでした。

そんな中でも、「ここは美味しかった!」「ここを選んどけば間違いなし!」と断言できる、おすすめのレストラン5つを紹介します。

いずれも、クスコの見所が集中する、アルマス広場から歩いて行ける距離です。ランチにディナーに、気になるレストランに入ってみましょう!

*訪れた時期:2017年6月。金額は当時のものです。

安心してペルー料理が楽しめる「Pucara(プカラ)」

日本人経営のペルー料理店。

と言いつつ、スイーツから日本食まで、日本人の口に合うものが一通り揃っています。

クスコに着いたら、とりあえず入っておけば間違いないです。

ロケーションと営業時間

 場所

アルマス広場のすぐ角。分かりやすいです。

営業時間など

12:00〜22:00、無休

  • 日本語メニューあり
  • クレジットカード利用可
  • 無料Wi-Fiあり

チキンのハーブ煮込み(おすすめ!)

地球の歩き方でオススメと書かれている、チキンのハーブ煮込み(セコ・デ・ポジョ)をオーダー。

24ソル(816円)。

ご飯もついてきて、まるでカレーのよう。

しっかりと煮込まれた鶏肉は、柔らかかったです。

ハーブと言いつつも、辛さや苦みなどはなく、ペロリと平らげてしまいました。

これだけではちょっともの足りなかったので、ヌードルスープを頼んでみました。

15ソル(510円)。

あっさりとした優しい味で、こちらも完食してしまいました。

これ以外にも、サラダ、アヒ・デ・ガジーナやクイ(テンジクネズミ)など、一通りのペルー料理が揃っています。

スイーツもあるよ!

食事だけではなく、スイーツも豊富です。

女性には嬉しい限り!

アップルパイを頼んでみました。

9ソル(306円)。

1切れは結構大きく、ボリュームがあります。

りんごが詰まっていて、美味しい!

こちらはプリン。

7ソル(238円)。

甘さ控えめで、あっさりとした味。

大きいので、お腹にズッシリときます。

フルーツ盛り合わせ。

15ソル(510円)。

容器の下の方まで果物が詰まっていて、見た目以上にボリュームたっぷり。

旅行中、果物は意識しないとなかなか食べられないので、ここぞとばかりに食べていました。

ドリンクもあります。

野生ミントティー(MATE DE MUNA)。

4ソル(136円)。

暖かいお茶で、ホッと一息。。

店内では、無料Wi-Fiが使えます。

食事はしなくても、お茶とスイーツでゆっくり過ごすこともできますよ。

日本食はこんな感じ

海外では日本食が恋しくなる・・・

日本人の心を、よく分かってらっしゃいます!

かき揚げうどん。

23ソル(782円)。

長らく味わえなかった出汁の味!!

思わずおつゆまで飲み干してしまいました。

ツルツルっと食べることが出来るので、これ1品だけでは足りない可能性大です。

何かのシメに食べるのがいいかもです。

ここまで大絶賛してきましたが、一つだけイマイチだったものがあります。

それは、パスタ。

多分、標高が高い場所では、麺を茹でるのが難しいのかなと思いました。

絶品セビーチェならここ!「BARRIO CEVICHE」

ペルーを代表する料理の一つがセビーチェ。

魚介類をレモンで締め、タマネギと和えたマリネです。

お刺身大好きな私は、肉、肉、肉!のオンパレードに飽きてしまうのですが、内陸部のクスコでこの味が食べられた時は、もう本当に感動しました。

是非、一度は行って欲しいお店です。

ロケーションと営業時間

ロケーション

アルマス広場に面しています。

営業時間など

12:00〜22:00、無休

  • 英語メニューあり
  • クレジットカード利用可(VISA)

Traditional Ceviche

一番最初に頼んだのが「Traditional Ceviche」。

35ソル(1190円)。

一口大の生魚と玉ねぎのマリネに、アンデアンコーンとサツマイモが添えられています。

魚は臭みもなく、骨もちゃんと取り除かれていて、食べやすいです。

マリネのタレは、

  • 辛くない
  • ちょっと辛い
  • 辛い

の3つから選べます。

私は、「ちょっと辛い」にしたんだけど、結構辛かった。

でも、レモンの酸味と魚の組み合わせが最高!めっちゃ美味しかった!!

TSUNAMI

満足した私は、早速翌日、リピートしました。

そして注文したのがこちら「TSUNAMI」。

35ソル(1190円)。

生魚に加え、タコ、エビ、イカが入って、サツマイモ、アンデアンコーンが添えられています。

同じお値段なら、「Traditional Ceviche」よりも、こちらの方がお得感がありますよ!

ただ、両方のセビーチェに言えることですが、ボリューム的に、これだけではちょっと物足りなかったです。

かと言って、別の品物をオーダーすると、「絶対に食べきれない」という感じでした。

グループで行くなら、何種類かを注文してシェアするのもありです。

一人旅の私は・・・このお店を出た後「Pucara」に行き、かき揚げうどんを食べたのでした!笑

お得なデザート付きランチなら「Granja Heidi(グランハ ハイジ)」

ドイツ人が経営する、オシャレなレストラン&カフェです。

ロケーションと営業時間

ロケーション

アルマス広場から、12角の石を右手に見ながら歩いて行くと、左手にあります。

地図を拡大してもらうと分かるんだけど、道からちょっと入ったところに入口があります。見落とさないように注意してくださいね。

営業時間など

月曜日〜土曜日:11:30〜21:30

日曜日:定休日

お店のHP:Granja Heidi

  • 日本語メニューあり
  • クレジットカード利用不可
  • オーナーさんは少し日本語が喋れます

ランチの内容

1.)前菜

パンのアボガドペースト添えです。

2.)ドリンク

何種類かから選べるのですが、ご主人おすすめのこちらのハーブティー?にしました。

数分経ったら、葉っぱの入った茶こしを外し、はちみつを入れて飲むのですが、口に入れた瞬間!

お花畑の味がしました!!

まるで、葉っぱとお花のエキスを一緒に飲んでいるかのよう。幸せ〜。

名前は忘れましたが、特にこだわりがないのなら、ご主人おすすめのドリンクを注文することをおすすめします。

3.)スープ

野菜たっぷり、体が温まります。

4.)メインディッシュ

ペルーの代表料理、アヒ・デ・ガジーナ。

ガジーナ(雌鶏)のほぐし身を、アヒ・アマリージョ(黄色いトウガラシ)で調理したものなんだけど、全然辛くない。むしろマイルドで、めちゃ美味しい!

ご飯と一緒に、カレーのように食べました。

また食べたいな〜。

5.)デザート

シメのデザートは、チョコレートケーキ。

しっとり、濃厚な味わい。

ただ、薄切りなのが残念。もっとがっつり食べたかったなぁ。

お値段は?

28ソル(952円)。

日本とあまり変わらない気がしますが、オシャレな雰囲気とあの味なら、全然アリだと思っています!

日本食が恋しくなったら・・・「きんたろう」

日本食への飢え・・・。海外生活が長引くと、想像以上です。

私は、クスコに着くなり駆け込みました。

ロケーションと営業時間

ロケーション

店舗は2階。入口を見逃す可能性があるので、詳しく説明します。

アルマス広場を背中にして歩いて行くと、右手にマッサージ屋さんの看板があります。ここの中に入ります。

右手に、「KINTARO」の看板が見えます。

中に入ると、2階のお店に上がる階段があります。

営業時間など

月曜日〜土曜日:12:00〜15:00(ランチ)、18:30〜22:00(ディナー)

日曜日、祝日:定休日

  • 日本語バッチリ通じます。
  • 無料Wi-Fiあり
  • クレジットカード利用不可

ランチとディナーの比較

ランチメニュー

一律20ソル(680円)で、

  • どんぶりもの+味噌汁
  • うどん+小鉢

です。

ディナーメニュー

メインはランチと同じ。

お値段は個別設定で、どれもランチより若干安いですが、

  • どんぶりものの味噌汁はなし
  • うどんの小鉢はなし

となっています。

これ以外に、唐揚げなどのサイドメニューや、お寿司などもありました。ランチもディナーもです!

どっちがお得なの?

後述しますが、ランチの方がお得感がありました。

ディナーでは出ないお茶が出たり、味噌汁が付いていたり。ちょっとしたことなんだけどね。笑

ディナーでは結局、単品だけでは足りなくて、飲み物を頼んだりして、ランチより高くつきました。

でも美味しいから、値段は気にせず食べてたけど。笑

お得感満載のランチ

まず、席に着くとお茶が出ます。海外ではあり得ないサービス。これは嬉しい!

親子丼、20ソル(680円)。

地球の裏側でこれが目の前に運ばれてきた時の感動は、今でも忘れられません。

味噌汁と漬物も付いてきます。

懐かしい日本の味に、泣けてきます。。

お昼休みの後、ディナータイムが始まります

胃袋を完全につかまれた私は、リピートしまくりました。

ある日の夕食はこちら。

かしわうどん、17ソル(578円)。

揚げ出し豆腐、8ソル(272円)。

オレンジジュースも頼みました。

6ソル(204円)。

いっただきま〜す!!

どれを頼んでも、ハズレはありません。

大抵、日本人のお客さんも入っているし、日本人スタッフもいます。

日本食と日本語が恋しくなったら、ぜひ行ってみて下さい!

ペルー料理にも日本食にも飽きた。。そんなあなたには最後の砦!韓国料理「Sa Rang Che」

ここまで書いてきて、「クスコでは意外に食欲がわかなかった」という記憶は嘘だった疑惑が浮上してきました・・・(汗)

が、気にせず進めたいと思います。

ロケーションと営業時間

ロケーション

韓国語の看板を見たら、扉の中に入る。→中庭が開けていて、その中の左側にお店があります。

営業時間

月曜日〜土曜日:12:00〜15:30(ランチ)、18:00〜21:30(ディナー)

日曜日、祝日:定休日

  • メニューは写真付きなので、安心して注文できます。

私は、ランチタイムは利用しなかったので、ディナータイムの紹介になります。

食欲がない時は・・・キムチラーメン

ご飯もついて、20ソル(680円)。

ラーメンのおつゆは辛いけど、卵も入って、食べやすい。

日本で食べる韓国料理と同じような味で、裏切られることはありませんでした。

そうそう、小鉢に入った前菜も出てくるんですよ!

野菜が不足しがちな旅行先では、ありがたかったです。

これで20ソル(680円)なら、お得だなーと思いました。

キムチチゲで、心も体もポカポカになろう!

クスコは標高が高いだけあって、夜は冷えるんですよね。

そんなある日、キムチチゲを頼んでみました。

ご飯付きで、25ソル(875円)。

白菜×豆腐。

お隣の国とは言え、懐かしさを感じる味です。

この日は、卵焼きも頼みました。メニュー表の写真が、美味しそうだったのですよ。

30ソル(1020円)。

出来立てのホッカホカを運んでくれます。

野菜入り。

ジューシーな焼き加減で、満足、満足。

この日は、キムチチゲと卵焼きの2種類をオーダーしたということで、前菜が6つ(3×2)も出てきました!

全部が揃ったところで、いただきま〜す!

フーフーしながら食べ終わってみれば、心も体も温まっていました。

ただちょっと、これは多すぎでした。笑

食べきれなかった卵焼きは、お持ち帰り用に包んでもらえました。

一人旅の皆さん!

日本のコンビニようにお箸はついてきませんが、宿でなんとかなるなら、お持ち帰りもありですよ。

「多すぎたなぁ・・・」

そんな時は一言、店員さんに声をかけてみてくださいね!

まとめ

紹介したお店は全て、ツーリスト向けのレストランです。

ローカル価格より高めだけど、どれもこれも本当に美味しかったです。

店内のトイレも綺麗だし、スリやひったくりを気にせず、食事を楽しむことができます。

慣れない海外では、食事の時くらいリラックスしたいですよね。

この記事を参考に、満足のいく食事と共に、クスコ観光を楽しんでくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
T
荷物多い系沈没型バックパッカー。これまでに訪れた国は20カ国。美しいものと自然が好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 行って、見て、感じて。 , 2018 All Rights Reserved.