地球で遊ぼう!バックパッカー向け旅情報ブログ

クスコを観光するならここもおすすめ。アンデスの秘湯に行ってみよう!

T
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
T
荷物多い系沈没型バックパッカー。これまでに訪れた国は20カ国。美しいものと自然が好きです。
詳しいプロフィールはこちら

マチュピチュ観光のお膝元、ペルー・クスコ。

せっかく地球の裏側まで行くんだから、時間とお金の許す限り、たくさんの見所を見て回りたい!!

でもクスコって、世界中から多くの観光客が集まるだけあって、混んでいるし、物価も高め。

郊外に点在しているインカの遺跡巡りもあるけれど、マチュピチュを見れば、石組みの遺跡はもう十分・・・

どこか他にオススメの場所ってないのかなぁ??

そんなあなたに朗報です。

クスコから車で4〜5時間のところに、ひなびた温泉があるのです!

ここは、私が旅した中でも、とっておきのおすすめ穴場スポットです。

1泊2日、クスコの喧騒を離れ、ゆっくりお湯に浸かって、旅の疲れを癒してみませんか?

*訪れた時期は、2017年6月。金額は、当時のものです。

温泉のロケーション

クスコと、チチカカ湖畔のプーノという街を結ぶ国道沿いに位置しています。

アンデス山脈に囲まれて、温泉に浸かることができますよ!

標高4,335mのラ・ラヤ峠のすぐ手前。

おそらくここも標高4,000m近いと思われます。

クスコから行く場合、高山病対策は出来ていると思うけど、それに加えて、寒さ対策もバッチリして行きましょう!

クスコからのアクセス

乗り物を3つ乗り継ぎます。

  1. クスコからバスでシクアニへ(急行バスで最速2時間半)
  2. シクアニのバスターミナルからモトタクシーで、乗合タクシー乗り場へ(5〜10分)
  3. 乗合タクシーでアグアス・カリエンテス(温泉)へ(30〜40分)

順に説明します。

クスコのバスターミナルへ

クスコとシクアニを結ぶバスは、2種類あります。

一つは、鈍行バス。

もう一つは、急行バス。早いけど、鈍行より高い。

そして、シクアニ行きのバスターミナルは、クスコ市内にいくつかあるようです。

ここでは、私が行った方法を紹介します。

バスターミナルの場所

クスコ市内にある、ウアイルロパタ通り(Av.Huayruropata)にあります。

下の地図の赤ピンです。

バスターミナルまでのアクセス

徒歩やタクシーでも行けるけど、市内を走るローカルバスでも行けます。

お値段0.8ソル(27円)。

かなりお安く行けるので、その方法を説明します。

1.)リマックパンパ広場(Limacpampa)前から、

車体に、Av.Cultura(クルトゥーラ通り)と書いてあるバスに乗ります。

クルトゥーラ通り(Av.Cultura、上の地図では「3S」と表示)を走ってくれます。

バス停は、下の地図のケーキ屋さん周辺です。

ちなみにこのバスは、市内を循環して走っています。必ずしもリマックパンパ広場前から乗る必要はなく、どこから乗っても大丈夫

ただし、走る方向だけは間違わないように注意が必要です。

クルトゥーラ通りを東側(地図で言うと右側)へ向かうバスに乗ってください

2.)赤ピン付近のバス停で、バスを降ります。

バスに乗ったら、運転手さんか、親切そうな乗客に声をかけておけば、降りる時に教えてくれます。

運賃(0.8ソル)は、降りる時に払います。

3.)エルマノス・アヤル通り(JR.HERMANOS AYAR)を歩き、ウアイルロパタ通り(Av.Huayruropata)を左折。

しばらく直進すると、左手にバスターミナルがあります。

「RAPIDOS」と書いてあるので、急行バスと思われます。

すぐ隣にも、もう一つバスターミナルがあります。

私は、両方のバスターミナルの窓口で聞いた結果、赤い看板のターミナル(「RAPIDOS」と書いてない方)からすぐに出発するバスがあるということで、それに乗りました。急行か鈍行かも確認せず・・・

なので、赤い看板の方が、急行バスのターミナルか、鈍行バスのターミナルか、どちらかは分からずじまいなのです。

所要時間が気になる方は、両方のターミナルで、バスの時刻を比較してから乗車することをオススメします。

ちなみにクスコ市内は、縦横無尽にローカルバスが走っています。もちろん、バスターミナルのあるウアイルロパタ通り(Av.Huayruropata)を走るバスもあります。

車体に、Av.Huayruropata(ウアイルロパタ通り)と書いてあるバスです。

このバスに乗れば、バスターミナルの近くまで行けると思います。

私が紹介した以外にも、きっといろんな交通手段がありますよ。

是非、自分にとって便利な方法で、シクアニ行きのバスターミナルまでたどり着いてくださいね。

バスでシクアニへ

バスターミナルで、チケットを購入します。

10ソル(340円)。

そして、シクアニに向かいます。

この日はストライキがあり、何度も何度も足止めされ、シクアニバスターミナルまで4時間以上かかってしまいました。

シクアニバスターミナルから、乗合タクシー乗り場へ

シクアニバスターミナルに到着です。

場所はこちら。

バスターミナルの裏手に、モトタクシー乗り場があります。

ここから、アレキパ通り(Av.Arequipa)にある乗合タクシー乗り場まで移動します。

料金は、2ソル(68円)。

最初は3ソルと言ってきましたが、値切れます。値切りましょう。

行き先は、

  • アベニーダ・アレキパ(アレキパ通り)
  • アグアス・カリエンテス(温泉)
  • タクスィー(タクシー)

の3つを連呼すればOK。

乗合タクシー乗り場(下の地図の赤ピン)まで連れて行ってくれます。

乗合タクシーで温泉へ

このように、車が何台も待機しています。

「アグアス・カリエンテス」と言うと、乗る車を教えてくれるので、荷物を乗せて乗車します。

人数が揃い次第、出発です。

料金4ソル (136円)。

私の時は、7人(ドライバー込み)で出発、途中からも乗ってきて、最高8人になりました。

もう、ギュウギュウ詰め!

明らかに定員オーバーでは・・・??

でも途中でどんどん降りて行き、温泉に着く頃には、3〜4人になっていました。

結局、どれくらい時間がかかったの?

私は、8時過ぎにクスコ出発のシクアニ行きバスに乗って、温泉に着いたのは13時半過ぎでした。

途中で何があるか分からないので、早めの行動が安心です。

温泉施設の紹介

敷地の中に、

  1. 露天風呂
  2. 内風呂
  3. 宿泊棟(宿泊用個室、トイレ、シャワー)
  4. 売店
  5. 食堂
  6. トイレ棟(日帰り客用、有料)

があります。

料金システム

入り口を入ると、

料金所があります。

宿泊者は、素泊まりと温泉入り放題で20ソル(680円)/1泊。

日帰り入浴の場合は、入る温泉を指定して、お金を払うようでした。

メインの温泉は?

敷地内に、露天風呂が・・・!

実際には、この写真に入り切らない場所にも、温泉がたくさんあります。

まるでプールのような広さの温泉も!

山も見え、まさにアンデスのど真ん中を味わえる温泉です!!

ボコボコとお湯が沸いている場所があり、ここからそれぞれのお風呂にお湯を引いています。

源泉はめちゃくちゃ熱いので、ヤケドしないように注意してくださいね。

各温泉の脇に更衣室があり、ここで水着に着替えてお風呂に入ります日本と違って、裸では入れません。。あ、それと、混浴です

更衣室の中は、こんな感じ。

ロッカーはありません。脱いだ服は袋に入れ、目の届く範囲の、湯船の近くに置いておきます

内風呂もあります。

建物の中には、シャワースペースもあり(カーテンの向こう側)、シャンプーやボディソープを使って、髪や体を洗えます。

露天風呂はお湯に浸かるだけだけど、内風呂なら汚れも洗い流せます。

ちなみにここは薬草風呂のようで、手前の浴槽には何やら草のようなものが浮いていました。

露天風呂も内風呂も、ここで紹介した写真以外にもたくさんあります。

そして、お風呂によって、お湯の温度が異なります。

ヤケドするかと思うくらい、アッツアツのところもあれば、水で薄めているところもあります。

いきなりドボンと入らず、自分にとって心地よい温度のお風呂を見つけてから入りましょう!

宿泊棟

私が泊まった部屋は、こんな感じでした。

ダブルベッドが1台。

以上、終わり!な部屋です。

部屋の入り口には、南京錠がついています。

このような部屋が8部屋あります。

私が泊まった時は、私を含め、3部屋が埋まっていました。

予約なしで宿泊できます。

トイレ(洋式)もあり、宿泊者は無料で使えます。

清掃は行き届いており、清潔ですが、ペーパーは付いていません。

自前のペーパーを持って行きましょう

トイレの横に、シャワーもありました。

食堂

食堂はこんな感じ。

料金所の外にも、食堂があります。

こちらの方がお客さんがたくさん入っていたので、私はこっちを利用しました。

*チェックイン後、料金所の中と外は出入り自由です。

チキンランチ8ソル(272円)。

どちらの食堂も、17時を過ぎると閉めてしまいます

夜中にお腹が空いて困らないよう、食事は計画的にすませておきましょう。

売店

売店もあります。

飲み物やお菓子が売っていました。

料金所の外にも、売店はあります。

食堂と同じく、どちらの売店も17時を過ぎると店じまいを始めます

トイレットペーパーなどの必需品は、あらかじめ購入しておきましょう

*トイレットペーパー1巻:1ソル(34円)

ここがおすすめ!

ローカル感たっぷり

ガイドブックに載っていないため、訪れるのは、ほとんどが現地人。

リマから来たという家族連れもいたけれど、ペルー人以外の外国人はほとんどいません。

観光地化されていない、素朴なペルーを垣間見ることができます。

物価が安い

あったかいお風呂入り放題で、1泊20ソル(680円)。

ランチ8ソル(272円)。

クスコじゃあり得ない価格です。

クスコで1日過ごすのに比べたら、お釣りがきてしまうほどの金額で、満足度の高い時間を過ごすことができます。交通費を払ってでも、です!

夜と朝は、ほぼ貸し切り状態!

16時を過ぎると、日帰り入浴の人は帰り始めます。

さらに宿泊する人は少ないので、夜はめちゃくちゃ空いています。

なので、オススメの利用法は、温泉に到着したら、すぐにはお風呂に入らず、ご飯を食べたり、写真を撮ったりしながら過ごして、宿泊者だけになってから入るというもの。

そして朝、係員さんが動き始めるのは、8時過ぎ。

早起きすれば、朝日が昇るのを眺めながら、朝風呂も気兼ねなく楽しめちゃいます。

気に入った温泉に、人目を気にせず、好きなだけ入る。

贅沢な時間を過ごすことができますよ!

星空がとにかく綺麗

アンデスの山の中だけあって、夜になると真っ暗です。

ということは・・・

空を見上げると、満点の星空が広がっているのです!

天の川もバッチリ見えました。

使用カメラ:RICOH GR II

温泉×星空。。

この上ない幸せを感じることができます。

アンデス山脈の中を走る電車を間近で見ることができる

施設のすぐ近くに線路があり、電車が走るのを見ることができます。

曜日限定ですが、ペルーレイルが、プーノとクスコを結ぶ電車を走らせているのです。

電車が近づくと、汽笛を鳴らしてくれたので、線路脇まで行ってみました。

山と山の間に消えゆく電車を、見送ることができます。

これは、鉄道マニアにはたまらない光景ではないでしょうか?!?

クスコへ帰るには

クスコから来た時の乗り物を、逆に乗り継いで帰れば大丈夫です。

温泉の前の道に、乗合タクシーが待っています。人数が揃ってからの出発です。4ソル(136円)。

*写真左の建物が、料金所の外にある売店です。

シクアニの街で乗合タクシーを降りると、モトタクシーが待機しています。値段を交渉して、バスターミナルまで行きましょう。2ソル(68円)。

バスターミナルの中には、チケットブースがいくつもあります。

クスコ行きのバス会社のブースに行き、チケットを購入します。10ソル (340円)。

そして、指定されたバスに乗り込みます。

私は、11時過ぎに温泉を出発して、クスコのバスターミナルには15時ちょっと前に到着しました。

持ち物

ここでは、持っていくと便利なものを紹介します。

至れり尽くせりの施設ではないので、必要なものは準備して持っていきましょう。

パスポート

宿泊する場合、パスポートの提示を求められます

クスコの宿にメインバッグを預けて来る場合、忘れずに持参しましょう。

標高4000m近いだけあって、朝と夜はかなり冷え込みます。

そしてなんと、部屋に暖房はありません・・

防寒着は必須です。

6月下旬に私が持参したのは、こちらの服たちです。

  1. ゴアテックスジャケット
  2. フリース
  3. ダウンジャケット
  4. 長袖Tシャツ
  5. ワンピース:温泉を出た後、体を拭いて上からさっと着れるので、重宝します。あと、のぼせた後に、足湯する時なんかも便利です。
  6. 靴下
  7. 裏起毛のあったかいズボン
  8. タイツ

写真には載ってないけれど、下着と、帽子も持参しました。

水着

日本と違って、水着着用が原則です。

とは言っても、内風呂の個室では裸になってましたが。笑

ビーサン

お風呂上がりにあると便利です。

お風呂セット

備え付けはありません。

  • ボディソープ
  • シャンプー
  • 洗顔料
  • タオル

これら一式と、脱いだ服を入れておく袋も必須です。

化粧品

使い慣れたものを持っていきましょう。

標高が高いので、日焼け止めとリップクリームも必須です。

歯ブラシと歯磨き粉

こちらも備え付けはありません。

トイレットペーパー

上述した通り、宿泊棟内にトイレはありますが、ペーパーはありません。

必須です。

売店でも買えます(1ソル(34円)/1ロール)。

お菓子と水

長風呂すると、喉が乾きますよね。

そして、夜中や早朝に、小腹が空くことがあります。

そんな時、ちょっとしたお菓子や水が欲しくなりますが、食堂と売店は、17時を過ぎると閉まってしまうのです。

そして、クスコに比べて物価が安いと書いたけど、これらに関してはクスコよりも高いのです。

なので、お菓子と水を、クスコからあらかじめ仕入れていくと、お財布にも優しく、気持ち的にも安心ですよ。

おすすめのスーパーはここ!

サン・ペドロ市場(メルカド・サン・ペドロ)のナナメ向かいのスーパー「Orion」がオススメです。

お菓子や食料を買うなら、私が見た限り、ここがクスコ最安値でした。

サン・ペドロ市場よりも安いので、安さを求める人はこちらへ直行しましょう!

その他(お好みで)

寝具

人によっては、ベッドの清潔さが気になるかも・・・

日本のように、チェックアウト後、毎回、シーツや布団カバーを洗濯していません。

気になる人は、自前のインナーシーツや寝袋、枕カバー(タオルや手ぬぐい)があると快眠できます。

インナーシーツは、私は「モンベルのシルクシーツ」を使っていますが、防虫効果はありません。次に買うなら、「COCOON コクーン Insect shield サファリトラベルシーツ シルク」にしようと思っています。

ドライヤーとヘアブラシ

備え付けはありません。

懐中電灯

日が暮れると、真っ暗です。

敷地内には所々、照明があるのですが、懐中電灯なしで歩くには心もとないです。

持参した方が安心です。

ウエットティッシュ

食事前などにあると便利です。

ハンガー

ハンガーはないので、濡れたタオルを干すことができません。

気になる人は持参しましょう。

まとめ

観光地化されていない分、宿泊設備に快適さを求めることはできません。

でも、それを上回るほど、魅力的な温泉です。

何と言っても、海外で湯船に浸かれるなんてまずないです!!

そして、アンデスの大自然に囲まれたロケーションは、旅の疲れを癒してくれます。

クスコやマチュピチュでの、「観光!観光!」に疲れたら、ちょっと足を伸ばして、山奥の温泉を訪れてみてはいかがですか?

この記事を書いている人 - WRITER -
T
荷物多い系沈没型バックパッカー。これまでに訪れた国は20カ国。美しいものと自然が好きです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 行って、見て、感じて。 , 2018 All Rights Reserved.